遠藤功二

お金の教育プランナー
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®
ビジネスブレークスルー大学大学院 経営管理専攻修了(MBA)

大手証券会社と外資系銀行で、合計1,000人以上の富裕層クラスの顧客を担当してきた経験を生かし、お金の塾「FP君」を運営。子供が2人の4人家族。

 

中学、高校は公立の学校に通い、浪人して大学に入学した。親に負担をかけたにも関わらず、学生の頃は、遊びとアルバイト中心の学生生活を過ごす。周りにはフリーターの友人が多く、高金利ローンやリボ払いが身近であり、自分自身もローンを組み流行りのオートバイを購入。金利が高く、学生生活をローンの返済のための飲食店のアルバイトで忙殺され勉強時間も睡眠時間も確保できなくなる。

心身共に疲弊し、ローンと金利の怖さを痛感。お金の知識がないことに危機感を持ち大学在学中にFP資格を取得。証券会社と銀行で営業マンとして勤務する中で、20代の頃にFPの最高資格、CFP®︎に合格。お金に振り回されない思考法を持つようになる。

その後、経営学を学ぶために働きながら大学院に通学。経営学、マーケティング、組織論の考え方を生かし、社内の業績アップに繋がる方法を提案。表彰される。

しかし、普段のルーティンワークの隙間時間で行える提案では、社内の業務効率を改善する程度に止まってしまい、顧客サービスの拡充などの提案は却下が続く。

「顧客満足度を向上」という自分の目的はかなわず、挫折を繰り返す。

「こんな会社なら辞めてやる。」

と考えるも家族と住宅ローンがあり、簡単には踏ん切りがつかない。

自分に繋がれているしがらみはお金」だと気づく。

自分の人生は、お金に縛られていることを実感。

「浪人して頑張って大学まで行っても、お金に縛られていたら幸せになれない。」

「お金のためだけに働くつまらない生き方を他の人たちにはさせたくない。」

という志をもち、お金が原因で不幸になる人を少しでも減らすべく、教育特化のFPとして奔走中。