お金の漠然とした不安をなくしましょう

FP君は 、子育て世代の親御様とお子様のための

独立系ファインナンシャルプランナーが提供する

金融教育サービスです。

 

親御様には資産形成ノウハウを

人生の3大資金である教育資金、住宅資金、老後資金を効率良く準備する方法をお伝えします。

しっかりとした計画を立て、資産づくりを仕組み化することで「なんとなく貯蓄しているけど、これでいいのかな」「将来もっとお金がかかってくる時期になっても大丈夫かな」という不安が解消されます。

 

子供たちが生き抜くための金融教育

学校では学べない人生を豊かにするお金の教育を「お子様向け」に提供しています。

大人向けの金融教育サービス

当社は金融商品を一切販売いたしません。お客様が、ご自身で納得した形でマネープランを判断できるように、時間をかけてお客様に寄り添い、お金に対する考え方、知識、情報を提供させていただいております。

お金の健康診断|ライフプランニング

「将来かかるお金に漠然と不安がある」という方のための家計の健康診断サービスです。将来を見据えた収支の改善、将来の年金、貯蓄の計画などについて、ライフプランの設計をしながら、今やった方が良いことをアドバイスさせていただいております。「子供が生まれたので将来の準備をしっかりしたい」「老後のお金が今のままで足りそうなのか知りたい」「家を買う前にお金の計算をしておきたい」という方に向いています。

投資信託実践講座

「将来かかるお金に漠然と不安がある」「なにから始めたらよいのかわからない」という方向けの資産形成講座です。普段使うお金と分けてしっかり投資をしておけば、着実にお金は増えていきます。投資の非課税制度であるNISA、つみたてNISA、iDeCo、401kは最低限活用し、さらにその上のゴールに向けて資産を形成していく方法をお伝えします。

株式投資実践講座

「株はもってみたいけど勘でやるのは怖い」「なにから手をつけてよいのかわからない」という方にお勧めです。正攻法で株に長期投資していく際の、銘柄の選び方や投資タイミングの図り方などをお伝えします。あなたの日常の中に株式投資のチャンスは隠れています。

保険相談

当社は、中立性を保つために、販売活動は行っておりません。お客様のご家庭の状況、関心事、価値観に合わせて無駄を排除し守りを固める保険の相談を行っています。加入のセカンドオピニオン、解約前の相談、保険の見直し、何でも対応可能です。

住宅ローン相談

「住宅ローンの適正な借入額は?」「どこの銀行で借りたら良いの?」といった疑問を解決します。銀行の店頭で相談しても自社のローンを押されるだけだし、ネット銀行はどう選んだら良いかわからない、という方は多いと思います。当社は、住宅ローン情報メディアの業務も行なっているため、具体的な情報を含めてアドバイスしております。

お客様の声

笠松様(30代男性)
初めてお金のことについて専門家に相談しました。30代にはいり、家庭や仕事と大きな変化が起こる節目の時期でもあります。こんな時だからこそプロのアドバイスをしっかり聞いて客観的な情報も取り入れた上でしっかり自分でライフプランを決めていきたいと思っておりました。今日相談できて本当に良かったですし、また行き詰まったときには助言をいただきたいと思っています(^ ^)
A様(40代女性)
投資の「と」の字もわからない私でしたが、 いろいろな角度からの説明があり、理解しやすく 何をすべきかがはっきりとわかり、大変勉強になりました。 投資は難しく感じていて、数年間躊躇していたけど、 さっそくちいさな1歩を踏み出せました。
I 様(40代男性)
今回資産形成の話は初めてで、遠藤さんのお話を聞かせて頂き、家計のバランスシートは家にある資産が分かり易く見えるので時々付けながら考察するのに良いと思いました。また、iDecoやNISAは老後向けての資産形成に生かせると感じ、これから色々と学んでいきたいと思いました。
J様(20代男性)
相談内容:住宅ローン、と今後のライフプラン 良かった点:非常に物腰柔らかく親切丁寧に教えてくださった。 金融商品の提案等が無いため、自分の知りたい内容を効率良く知ることが出来た。
A様(40代女性)
投資の「と」の字もわからない私でしたが、 いろいろな角度からの説明があり、理解しやすく 何をすべきかがはっきりとわかり、大変勉強になりました。 投資は難しく感じていて、数年間躊躇していたけど、 さっそくちいさな1歩を踏み出せました。
S様(30代男性)
初歩的なことから親切にご対応いただき大変満足です。

子供向けの金融教育サービス

【6歳〜8歳向け】生き抜く力を育むお金の体験型講座

「子供にお金のことってどう教えたらいいの?」「小学校に入ったからそろそろお金のことを教えていきたい」という保護者様向けに家庭でできるお金の教育法をお伝えしております。実は、家庭にルールを作れば、お子様がお金を「稼ぐ」「貯める」「(有効に)使う」「増やす」体験はおうちの中で十分に行うことができます。いつかは、大きくなって家を出ていく子供たちを安心して見送れるように、生きるためのお金の教育をしてあげましょう。

形式:家庭でできるお金の教育法を親御様にお伝えします。(教材付き)
対象年齢:お子様の年齢が6歳〜

お金の天才を育てる5ステップメールセミナー

お金の体験型教室FP君では、小学校低学年のお子様をもつ親御様向けに、お家でできるお金の教育ノウハウをメールセミナー形式で提供しております。

登録者にはもれなく、お家で仕事とお金の大切さを教えることができるワークシートプレゼント!

子供のための投資講座

「子供に投資や資産形成の術を教えておきたい」「これからの時代はファイナンスの考え方を子供たちも学ぶ必要がある」というお声を保護者様から度々伺っております。実は投資論は大人になってから学ぶと難しいのですが、子供たちは大人以上にスムーズに投資理論を理解する傾向があります。 現在子供のための投資講座は準備中ではございますが、ご興味が終わりの方は是非お問い合わせフォームよりメッセージをください。状況によってはベータ版を提供できる場合がございます。
形式:ZOOMによるオンラインレッスン
対象年齢:小学校5年生以上

お客様の声

M.N様

本講座を受講された動機をお聞かせください。

来年子どもが小学校に入学します。そこで、小学生になったらお小遣いはあげた方が良いのか?あげるとしたらいくらが妥当なのか?ということを知りたくて、まずは説明会に参加しました。説明会の中で、日本ではお金の教育がされていないことを再認識するとともに、家庭内でお仕事を設けるという方法に非常に興味を持ち、料金も想定内だったため、ぜひやってみたいと即決しました。

本講座の中で、ご自身が得られたことをお聞かせください。

家庭での取り組み次第で、お金の教育ができるということを実感しました。そのためには、おままごと感覚でやるのではなく、社会の縮図を意識して時には厳しい線引きすることも必要で、継続していくことも大切だと感じました。

本講座でお子様に起きた変化や成長があれば、お聞かせください。

いくつかお仕事を試しましたが、うまく生活動線の中に組み込めたものは責任感を持って継続しています。お仕事が軌道に乗ると気持ちの面でも前向きになるのか、他にも自ら積極的にできることを探して、下の兄弟の面倒をみたり、家事の手伝いをしてくれたりする場面が出てきたと感じます。

本講座の内容を他の人にお伝えするとしたらどのようにお伝えされますか。

・先生の雰囲気が良い(真面目そうだが親しみやすさがある、信頼できそう)
・保護者向けの会があって直接質問できるのが良い
・そもそも、おうちでお仕事という取り組みが面白い
・子どもの年齢に合わせてお仕事のレベルやお金の流れの難易度を調節できるのが良い、そのため兄弟がいてもそれぞれに合わせて取り組みやすそう
・発想や工夫次第で家族全員が楽しめる取り組みになりそうなので、子どもの成長に合わせてどう進化していくのかワクワクする

M.Y様

本講座を受講された動機をお聞かせください。

大人になって投資を始めましたが『もっと若いうちに永くやりたかった』という思いが強く、我が子には『子どものうちからお金について学ばせたい』と、一日だけのマネー講座ではなく、習い事としてお金の勉強ができるところはないか?と探して、遠藤先生と出会うことができました。

本講座の中で、ご自身が得られたことをお聞かせください。

新たな投資をスタートするきっかけとなりました。柿の木の話のように、結果が目に見えてくるまでには時間がかかるでしょうけれど、目の前のおにぎりよりも、たくさんの柿の実がなることを目標に、コツコツ続けてみようと思います!

本講座でお子様に起きた変化や成長があれば、お聞かせください。

毎朝、コーヒーを入れてくれて、嬉しいです。
私は何も言っていないのに、自分からメニューを作ってみたり、ポイントカードを作ってみたり、楽しみながら取り組んでいました。

本講座の内容を他の人にお伝えするとしたらどのようにお伝えされますか。

働いてお金を得ることを教えたら、お金をもらえないと働かない子になってしまうのではないかという不安もありましたが、お金を稼ごうと仕事を探すようになりました。
お仕事ノートやお小遣い帳をつけたり、会社ノートをつけたり、みてあげないといけないことを、私が見てあげられず、なかなか進まないことがネックとなりましたが、私がやれば子どもは伸びる、そう感じました。

講師プロフィール

お金が原因で不幸になる人を1人でも減らしたい。

お金の教育プランナー
1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)CFP®︎
MBA(経営学修士)
三菱UFJモルガンスタンレー証券会社とANZ銀行の勤務経験を生かし、お金の習い事「FP君」を運営
子供が2人の4人家族、NPO法人コヂカラ・ニッポンのメンバー
日本FP協会 広報スタッフ 電話相談員(2020年10月〜)

 

<代表略歴>

2006年
三菱UFJ証券(現:三菱UFJモルガン・スタンレー証券)入社

2011年
オーストラリア・ニュージーランド銀行入行

2018年
お金の教育サービス FP君開始

2020年
金融教育法人 株式会社ZN設立(法人化)

金融業界の経験を生かし、大人と子供にお金の教育サービスを提供している。
一般サラリーマン家庭で育ち、テスト勉強や部活動には精を出したもののお金の知識は得ないまま大学生になる。
大学生の時に、散財し借金に追われた経験からお金の学びの大切さを知る。
証券会社に入社しFP資格を取得したところ、計画的に貯蓄ができるようになる。
顧客に投資を勧めるだけでなく、自分も投資にチャレンジしたところ、高いリスクを取りすぎ投資額を全額を失ってしまう。
それ以降、お金の知識を高めるためFPの最上級資格を取得したり、MBAで経営学を学ぶことで、ファイナンシャルプランニングや投資のノウハウを再現性のある形で体系化する。
銀行の顧客に、自身の投資ノウハウを提供したところ、かなり高い確率で資産形成に成功する方が増え、知識の提供こそが真のFPの仕事だと確信。「自分のように失敗する前に、お金の知識はできるだけ早く身につけた方が良い」という考えの元、我が子が小学生になった時にお金の教育を家庭で行うようになる。すると、子供も十分にお金の知識を吸収し、「小学生になったら本格的にお金の教育をスタートした方がよい」ということを確信。
現在は金融教育の専門家として、子育て世代の親たちや小学生以上の子供たちに、お金を得て、貯めて、使い、そして増やすための方法を金融教育プログラムとして提供している。
<企業担当者様へ>
  • 企業年金(確定拠出年金)についてのご相談
  • 社員向け金融教育のご相談
  • 各種講演依頼
  • 各種執筆依頼
  • その他何でもお気軽にご相談ください。
<学校担当者様へ>
  • 金融教育授業のご相談
  • 奨学金制度の講演依頼
  • PTA活動におけるお金の教育イベントの実施
  • 対象の学校:小学校、中学校、高学校、大学、専門学校
  • その他何でもざっくばらんにお問い合わせください。

FP最高資格

MBA

推薦者の声

株式会社アレース・インベストメント
代表取締役 原俊多様
株式会社アレース・インベストメントの原と申します。東京赤坂に事務所を構え、資産家の方々に相続対策、資産運用のアドバイスを含めたトータルサービスを行っております。私にも子供がおりますので、遠藤さんの金融教育の活動には共感しています。長年、金融業界に携わる私の立場から見ても、日本の義務教育における金融教育の環境はまだまだ発展途上と言わざるを得ません。

学校の授業では、「金融」という名の科目がありませんので、子供たちがじっくりお金の事を学ぶ機会は不足しています。

日銀を中心にした金融広報中央委員会という組織は、小学生から社会人を含め、日本人が最低限身に付けるべき金融リテラシーを明示していますが、国民に浸透するのには時間がかかることでしょう。

遠藤さんは、元々は資産家の方の投資アドバイスをされていました。丁寧な説明を心掛けられていたので、多くのお客様から信頼されていました。

どんなことでも親切に回答してくださる方なので、是非相談してみて下さい。

婚nextion 代表 松尾素明様

「説明会を聞いて必要だと気づきました」

婚nextion
代表 松尾素明様

仲人として未来の幸せな寿生活を送るお手伝いをさせて頂いております松尾と申します。

3人の子供の父親です。

遠藤さんのレッスンは、とても基本的なことを重点的にお話してくださるので、安心できます。

知人から遠藤さんはお金の教育の専門家と聞き、私にも子供がいますので、興味が湧き説明会に参加しました。説明会でカリキュラムの内容を聞いていくうちに、これからの時代、皆が知っておいた方が良いことだとわかりました。

遠藤さんには様々な質問をさせて頂きましたが、親切に回答してくれるのでとても信頼できる人だと思っています。

お金の教育に興味がある方はまず説明会を聞いてみることをお勧めします。

メディア掲載

最近記事

PAGE TOP
MENU