株価暴落!積立投資の人たち|とるべき行動と考え方とは?

「先日までずっと儲かっていたのに、いきなり損失!!」

「すごい株安。すごい円高。どうしたらいいの?」

つみたてNISA、イデコ、会社の確定拠出年金、会社の持株会、積立型の保険を投資している人たちは、このように思っていませんか?

積立投資でうまくいってきた人は不安に思われているでしょう。

この疑問に答えます。

「積立投資、そのまま続けてください。」

相場暴落で積立投資を続けた方が良い理由

 

つみたてを最近始めた人たちは、投資の初心者の人も多いことでしょう。

 

でも思い出してください。

投資は、算数です。

100円で100円の株に投資すると1株

50円で100円投資すると2株買えます。

100円と50円の平均は75円ですが、

100円で1株、50円で2株買えている人の平均単価は

67円!

 

もし33円まで下がれば、100円で3株買えます。

  • 100円で1株買った
  • 50円で2株買った
  • 33円で3株買った

平均単価は、

300円÷6で

50円!!

 

インデックスや、大型株、外貨のような価格の循環がある投資対象なら、

この原理で、底打ち後に利益になるケースが多いです。

 

下げ相場でやってはいけないこととは?

ジタバタする

例えば、このようなことをしようとする人がいます。

「下げる直前で売り抜け、安値で買い戻す」

これができればいいのですが、本当にできますか?

私の経験上、これは神業です。

アメリカの株だって10%下げた翌日に9%上がってしまったりします。

なかなかうまく行きません。

 

 

積立をやっている人は、元々、相場師として相場に参加しているわけではないですよね?

積立投資は、国も推奨する正攻法の投資手法です。

積立投資で下げ相場に飲み込まれた人は、ジタバタしない方がいいと思います。

積立を続けることで安値で多くの株数や口数が買えていれば、またマーケットが戻ってきた時にリターンになるはずです。

(もちろん、小型銘柄で潰れてしまうかもしれない本当にやばそうな銘柄に一括投資している人は
潰れる前に逃げてください。)

 

アドバイザーもジタバタを推奨する?

 

投資アドバイザーの推奨銘柄を買っていた人は、

アドバイザーさんに振り回されないでください。

 

「この銘柄売って、これに乗換しましょう」

 

こういう時はアドバイザーのアドバイスもこのようなものになりがちです。

 

でも、そのアドバイス、確かですかね?

あなたのアドバイザー、ウォーレンバフェットクラスですか?

 

自分の推奨した銘柄でこれだけ損をすると、

含み損を見えなくするために、乗り換えを推奨しがちです。

アドバイザーも混乱しています。

 

確かに余程の投資対象なら乗り換えは必要かもしれない。

少なくともインデックスファンド系に投資している人はジタバタしない方が無難なケースは多いです。

そのまま安値買いを継続することが

「攻撃は最大の防御」となるのです。

 

 

投資をやめてしまう

 

この下げ相場で、

「もうダメだ。もう終わりだ」

と言って投資自体をやめてしまう人がいます。

それはもったいないです。

NYダウは、リーマンショックの高値を楽勝で超えて行きました。

 

下げ相場で損が出てしまうのは仕方ありません。

それを次に生かしましょう。

例えば

「下がったところで、大きな金額で投資できるように、積立以外でも現金を持っておこう」とか、

「相場がある程度上がったら、売っておくというのも試してみよう」とか

「個別株だと判断が難しいから今後はインデックスファンドにしよう」とか。

いろいろ学びはあるはずです。

投資を辞めてしまうのは、せっかく続けてきた筋トレを辞めてしまうのと同じくらいもったいないです。

 

今後の投資戦略

 

繰り返しになりますが、積立投資をしていた人は、安値での買い増しを続けてください。

これまで積立投資ではなく

一括投資でやってきた人は、

このような下げ相場で資金がなかったり

たまたま現金化していて投資ができる状態でも

「いつが底なんだろう」

と思って手が出ないと思います。

そういう時でも、例えば3月〜10月にかけて毎日積み立てをする、

などの時間分散投資をすれば、買い付け単価は今年の平均値未満になります。

もし、コロナの治療薬が開発されたり、

アメリカの大統領選でマーケットに勢いが出たりすれば、

リターンが取れるでしょう。

目の前の混乱に飲み込まれないよう、冷静に対処することが大切です。

 

FP君のYoutubeに登録してください↓

 

メルマガ登録をお願いします

 

============================

FP君 遠藤功二

問合せ: koji.endo@fpkun.com

URL: https://fpkun.com

メルマガ:https://mailseminar.fpkun.com/

============================

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA